「Kickstarter」日本版、9月13日開始

ITmedia NEWS

米国の大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter」の日本版が9月13日にスタートする。日本版では、日本の銀行口座・身分証明書を使い、日本語でプロジェクトを立ち上げられる(推奨言語は英語)。

画像
画像
プロジェクトの概要を事前申請できるページもオープン

ティーザーサイトに登録したユーザーに開始日を知らせるメールが届き、企画中のプロジェクトの概要を事前申請できるページもオープンした。

Kickstarterはクラウドファンディングサイトの草分けで、2009年に米ニューヨークで設立された。「Oculus Rift」など話題のプロジェクトを多数生み出したほか、日本のクラウドファンディングサイトのお手本にもなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved

プロジェクトは、専用ページから申請可能。プロジェクト名や概要、カテゴリ、ターゲットコミュニティ、現在のステータスなどを入力すると登録できる。言語は日本語と英語から選択できるが、Kickstarter Japanでは英語を推奨しているようだ。

 

ITmedia NEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。