映像に重ねられる効果音をたった一人で作り出す「フォーリー・アーティスト」がまさに職人技

GIGAZINE

映画やテレビ番組では、足音や物音など日常生活のなかで生まれる効果音の中には、スタジオで別に録音されたものが用いられていることがあります。特にハリウッド映画などで使われるさまざまな効果音を作り出す職人は「フォーリー・アーティスト」と呼ばれています。以下のショートムービーは、日常の1コマを描いた映像の裏でフォーリー・アーティストがどのような工夫を行っているかという光景をコミカルに描いた作品です。

How to Sound Design Your Life – YouTube

 

女性がベッドの中でぐっすり眠っています。

朝の爽やかなBGMは、実はひとりの男性がスタジオで楽器を演奏して録音したものでした。

目覚まし時計が鳴り、女性は目を覚まします。

実はこの目覚まし時計の音もスタジオで録音されたものでした。

はだしで廊下をぺたぺたと歩く音も……

続きは 以下よりご覧ください。

GIGAZINE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。