日ハムの通訳の方の退団が記事になっていたので、調べて見ました。

サンスポ

大谷、3度目先発へ通訳を捕手に22球

エンゼルス・大谷翔平投手(23)が9日(日本時間10日午前4時開始予定)にメキシカンリーグ球団との練習試合で3度目の先発に臨む。8日はキャッチボールや投内連係を終えると、フォームをチェックするためブルペンで水原通訳を捕手役にして、軽めに22球を投げた。(テンピ)

えぇ!?通訳を捕手にして投げた??ちょっとびっくりして調べて見ると、

サンスポ

大谷を米でサポート!日本ハム通訳・水原氏の退団を正式発表

日本ハムは27日、米大リーグ、エンゼルスに移籍する大谷翔平投手(23)に同行し、渡米することが内定していた通訳の水原一平氏(32)の退団を正式に発表した。米国で初の1人暮らしとなる大谷を全面的にバックアップする。

大谷絡みだと、通訳の動向まで記事になるのかと感心する。
しかし、退団ということは、今までは日ハムで通訳として働いていたということ。日本で通訳が必要なのかなとちょっと不思議に。

サンスポ

2017.10.12 12:34

日本ハム、英語通訳とトレーナーを募集

 日本ハムが、英語通訳と…コンディショニング担当の募集を開始した。

英語通訳の募集は1人。【応募資格】(1)英語で選手対応やミーティング、記者会見の通訳をこなせる (2)野球経験者もしくは野球の仕事に強い興味ある (3)2018年1月から勤務できる 【勤務地】札幌市または千葉・鎌ケ谷市とその他 【必要書類】顔写真(カラー、4センチ×3センチ)を添付した履歴書・職務経歴書、自己PR文

なるほど、選手に外国人もいるし、海外への遠征もあるだろうし、色々やることがあるんだなぁ。

 

出世ナビ

地味だがこんなに面白い 球団職員という仕事

 プロ野球選手は今も昔も、子供たちにとってあこがれの職業だ。少年時代は夢を描いていても、中学、高校と球歴を重ねるごとに現実が見えてくる。プロに進む者は一部の天才なのだと。プロはあきらめた。でも野球に関わる仕事をしたい……。そんな人に開かれた道が、球団職員という仕事だ。最近は地域に密着した球団が増えており、好きな仕事をしながら生まれ故郷の活性化に貢献できる喜びもある。
球団のマスコットとポーズを決める佐藤拓さん

佐藤拓さん(35)は北海道日本ハムファイターズ球団の職員だ。肩書はコンシューマビジネス部マーケティンググループのグループ長だ。佐藤さんの仕事をひと言に集約すれば、観客を増やすこと、その満足感を高めることに尽きる。まずファンの裾野を拡大する必要があるから、対象は札幌にとどまらず北海道全域だ。本拠地以外にも潜在的なファンがいる可能性があるから、カバーするエリアは日本全国ともいえる。

今シーズンのある土曜日、佐藤さんに密着した。この日は…

続きは以下よりご覧ください。
出世ナビ

余計なお世話ですが、大谷選手がエンゼルスを選択した訳がようやくわかりました。
この方に、そこまで惹きつける魅力や安心感があるということなのでしょう。

MLB侍

水原一平(大谷翔平の通訳)の結婚相手や画像は?経歴や実家の和食店も!

独身の大谷翔平選手の渡米後の生活について気になりませんか?

現地でエンゼルスの大谷選手の生活をサポートするのは、通訳の水原一平さんです。

通訳といっても、ただ語学ができるだけでは務まりません。

また、単に選手をサポートするだけでも不十分です。

お互いの「相性」がよくなければ、選手の心の平和は期待できず、野球の結果にも影響を及ぼしかねません・・・よね。

今回は、水原一平さんの経歴や画像について、調査してみることにしました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。