仕事ができる人は、ノートを三分割する

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』という本の中で、トップエリートはノートを三分割して使う、「板書き」→「気づき」→「要約」というようにまとめていき、後日その要約を見れば、数秒でそのページが何を言わんとしているのかがわかるようにする。

マッキンゼーのノートの取り方も三分割で、「空」→「雨」→「傘」というようにまとめていく。空を見て雨が降りそうだから傘を持っていく、という考え方で、これは、現状から予測を立て方法を考える、と言った流れで書いていく感じでしょうか。

更に、「見出し」をつけて、後日3秒で見返せるノートを作るといいそうです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図解頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか? [ 高橋政史 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/5/13時点)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。