あなたは、お母さんの足を洗ってあげたことはありますか?

ある会社のお話しです。

その会社の社長は、次のようなことに気づかれたそうです。

ノウハウや制度ばかりを追求しても、社員の心が豊かにならないと、組織は活性化しない。

「本当の感謝とは何か?」を社員に実体験させてこそ、お客様に心から感謝できる社員が育つ。

このことに気づいた社長は、毎年の入社試験の最後に、学生に次の二つの質問をするようになったそうです。

まず、「あなたはお母さんの肩たたきをしたことがありますか?」

ほとんどの学生は、「はい」と答えるそうです。

次に「あなたは、お母さんの足を洗ってあげたことはありますか?」

これには、ほとんどの学生が「いいえ」と答えるそうです。

「では、三日間差し上げますので、その間に、お母さんの足を洗って報告に来てください。

それで入社試験は終わりです」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。