ハーバードにペーパーテストはない 求められるのは「人とつながる力」

東大よりもハーバード

合格率5.3%。昨年の米国・ハーバード大の入試は、長い歴史の中で最も高い競争率を記録した。その「狭き門」をくぐり抜けて入学式に臨んだ1660人の新入生の中に、髙島崚輔(19)の姿があった。髙島は昨春、東京大学の文科一類にも合格し4カ月間通ったが、最終的にはハーバードを選んだ。

「お互いを比較するのではない。つながるのだ」。ハーバード史上初の女性学長、ドリュー・ファウスト(68)の祝辞が髙島の胸に響いた。東大とハーバード。二つの大学の「入試」の違いを、象徴する言葉にも思えたからだ。

髙島は進学校として知られる灘中学・高校(神戸市)で、中高ともに生徒会長を務めた。2年前の冬、灘校の先輩でハーバードに進学していた楠正宏(21)の勧めで、ボストン郊外のハーバードを見学。講義の質の高さや学生らの意欲に圧倒され、第一志望を東大からハーバードに変えた。

髙島は英語が得意で、「模擬国連」という国際政治の舞台を模した世界大会で優秀賞をとったこともある。だが、「東大合格の学力」+「英語力」=「ハーバード合格」という等式は成立しない。両校の入試がまるで異なるからだ。

0
ガガもザッカーバーグも学んだ … 円安が進む日本は、タイやブラジ…

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。