「こまち2両、はやぶさ3両が連結したら何両?」慶大准教授をハッとさせた5歳児の回答

コロナ禍でわが子と向き合う時間が増えたという人も多いだろう。慶應義塾大学准教授の大木聖子さんは、鉄道好きの5歳の息子の言葉にハッとさせられる経験をした。それは「こまち2両、はやぶさ3両が連結したら何両?」という質問への回答だった——。撮影=堀隆弘慶應義塾大学准教授・大木聖子さん(地震学者)

緊急事態宣言中、息子を肩車しながらオンライン講義した

息子はいま5歳。保育園の年長さんです。緊急事態宣言中も保育園はやっていたんですけど、私も夫も研究者でリモートワークができるので、5月いっぱいは保育園を休ませて、家族3人で過ごしました。

私たちが仕事をしている間、ずっとテレビやYouTubeを見せておくのはいやだったので、夜中の2時に起きて仕事を済ませました。日中はなるべく子供と向き合うようにしたいと思ったのです。

悩ましかったのは、オンラインでの講義や会議の時間。この時間だけは息子の相手ができませんし、夫に見ていてもらっても、気になるのか、書斎に入ってきてしまいます。最初のうちは「邪魔しないでね」と言ったりしていましたが、

0
1億円以上貯めた「地味な会社員… 教えて学ぶ塾「キミノスクール」

コメントはまだありません

No comments yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。